1 Sv

霓虹燈 ネオン

2017

近年、理解不能や恐怖心に掻き立てられて、いろんなリサーチをした。

終わりのないリサーチの中、理解しがたい科学数式には恐ろしさとは別に、美しさにも感じる。

 

科学的根拠に基づいて確実に出された結論では、即時の危険性はないと通知されても、人々は理論的な真実を信じきれず、由来不明の恐怖と内心の不安を取り除けない。時に私たちは、これらの科学数式は事実を覆い隠す、または真実をつくるツールではないかと疑う。

 

ネオンを素材として使う理由は、脆いネオン管から見える、その独特の化学作用による複雑な可視光線のほか、かつて流行文化の宣伝ツールとしてありながら、近年では忘れ去られていく代表の一つでもある。

 

「日々の耐えられる放射線量」の数式を概念として、漠然と空間に浸透し蔓延させる。暗闇のなか、静止状態のように光るネオンは、理解不能の瞬間でも人を落ち着かせる力を持っているのでしょう。

 

 

近年因為無法理解和恐懼等情感俱使下做了各種資料搜習。然後在無止境的搜索過程中,發現那些無法輕易被理解的科學算式都有著與恐懼違和的美感。


人類即使在科學下的確實結論下被告知沒有即時危險,也無法完全相信理論化的真實,安撫未知的恐懼來源,更無法除去內心深處的不安。甚至我們會懷疑,這些科學算式變成了掩蓋事實、又或者創造真實的工具。以霓虹燈作為物料的原因,除了其獨特的化學作用讓我們能在易碎的玻璃光管下細看複雜的光感外,同時也作為曾在流行文化中擔任宣傳的工具,近年卻被遺忘的逐漸消失代表之一。
 

把 「每日所能承受的輻射」 的算式作為概念隱晦地滲透和彌漫在空間中。在黑暗中近乎靜止地閃燐著的霓虹光也許能在無法理解的瞬間給予安撫人心的能力。

1 SV is a neon Light Installation, about seeing the invisible light wave of neon light through video recording with camera/mobile devices. 

 

The neon sign of the scientific formula, “the bearable radiation of everyday for human body” was based on the motivation by the fear and unknownness through my personal experience related to Japan nuclear disaster since 2011. The more I found in the research progress, the more I am interested in the unique sense of beauty in those complicated scientific formulas. Most of the time, even if we have been told by the authority about there is no immediate dangerous, we can never able to heal the unknown fear nor free our unsecured mind easily by trusting those theories completely. The invisible light wave of neon light cannot be seen thought our naked eyes but the video recording. The unique lighting performance created by the chemical reaction under the fragile glass tube, which has become a metaphor not only to the fluidity quality of radiation but also our hidden emotions. 

 

Special Thanks : Statement was translated by Kaoru Ueda from original to Japanese 

© 2019 Jessica Fu

  • w-facebook